上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木曜日に肛門辺りの異変に気付き、土曜に病院へ連れて行ってきました。
 
 100829

病院の先生はベリーの肛門辺りを見るなり、

 「バリカンで毛を剃っても大丈夫ですか?」 と。

 
『はい』 と 言うのと同時にもうバリカンのスイッチを入れてましたが(笑)、
ジョリジョリと肛門周りから尻尾の付け根部分の毛を剃られました。 

剃られた部分を見てみると、赤いプツプツができてました。
これが痒みの原因のひとつ。
 
               100829
                      矢印のところを綺麗に剃られてます


・・で、私はてっきり肛門腺が溜まってることが原因だと思ってたんですが、

それだけではなく、湿度による肛門腺内と肛門辺りの炎症がいっぺんにきたことが原因で、
カイカイに。  肛門腺を絞ってもらうと、黒ずんだ血がでてきました。

炎症止めの薬をいただき診察は終了。



シェパードのように常に尻尾が垂れている犬は、こういったお尻周りの炎症がよくあるので
時々こうやって毛を剃ってあげたほうが予防になる。 とのこと。 (長毛シェパだけの場合かな?)

     100829

まだ完全な夏毛になってないベリーのお尻部分の毛はものすごかったので、
バリカンで剃られた今は、なんだか風通しのよさそうなお尻になりました。(^^)
 
またすぐに生えてくるだろうから、今後注意して見ることにします。





管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→http://beripon.blog89.fc2.com/tb.php/832-14a1742e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。